電力消費の管理をするなら|クラウド型BEMSが無駄を省く

地球に優しい洗浄機

作業員

バイオサークルは、生分解性の微生物を含んだ洗浄剤を使った洗浄機です。不純物をバイオの力で取り除くため、廃液を処分する手間と費用が要らなくなります。安全性も高いため、食品を扱う工場やレストランなどでも使用できます。

View Detail

ビルのエネルギー管理

ヘルメット

空調から照明まで集中管理

オフィスや商業施設が入居するビルでは、気密性の高い居住空間の快適性を維持するために1年を通じた空調設備の稼働が欠かせません。照明器具やオフィス機器などもビルの各フロアで数多く使用されているため、ビル全体としての電力消費量も非常に大きくなります。無人の部屋での空調や照明に加え、さまざまな機器の待機電力などで無駄な電力消費も少なくはありません。そうした電力消費の無駄をなくしてビル内の機器や設備を最適に稼働させるためには、すべての機器や設備をネットワーク接続した上での集中管理が必要です。BEMSとも呼ばれるビルエネルギー管理システムを導入することによって、ビル内の配電盤からさまざまな機器までを常時監視することができるようになります。ネットワークで集中管理システムと接続されたそれらの機器・設備は、人感センサーや自動調光システムとの連携による制御も可能になってくるのです。BEMSが監視する対象はビル内の配電設備や空調設備・照明設備・OA機器など多岐にわたり、各設備の電力使用状況が可視化されます。電力需要のピークカット機能を実装したBEMSを導入すれば、電気料金の大幅カットも不可能ではありません。

クラウド利用でコスト削減

大規模なビルのエネルギーシステムを管理することも可能なBEMS製品は、高機能サーバーも必要となるため導入コストが高額となりがちです。そこまで規模の大きな管理システムを求めないという小規模ビルでは、最近増えてきた安価なクラウド型BEMSの方が向いています。クラウド型BEMSはエネルギー集中管理システムをクラウド上に置いており、インターネット回線と接続された環境であればどのようなビルでも利用できます。専用サーバーや動作の重いソフトウェアを導入する必要がなくエネルギー集中管理システムが手軽に利用できることから、クラウド型BEMSの人気が高まっているのです。小規模ビルにとっては導入コストの高いサーバー型のBEMSではコストダウン効果が実感しにくいですが、クラウド型ならコスト削減効果も高まります。当初はシンプルな機能に絞って導入し、必要に応じて高度な機能を追加していくというような利用方法も可能です。空調や照明以外にもセキュリティや防災システムなど、ビルに求められる機能も時代とともに多様化しています。快適な居住空間とコスト削減を両立させるBEMSは、今後さらに多くのビルで導入が進むと予測されます。

アイディアを形に

基板

プリント基板の製作によって、製品開発の現場以外でも、新たな展開を望むことができます。また、様々なサービスを利用すれば、アイディアだけからでも、プリント基板という形にすることが可能です。費用を抑えることだけに固執せず、費用対効果を考慮し、作業の効率を上げることも必要です。

View Detail

精密加工の種類と方法

工場

精密機械加工には研削盤が用いられます。筒状のものや平らな金属を加工します。研削盤には種類があり、加工をするものに対応して使い分けられます。精密機械加工では硬い金属を時間をかけて削っていく事が一般的です。

View Detail