精密加工の種類と方法|電力消費の管理をするなら|クラウド型BEMSが無駄を省く

電力消費の管理をするなら|クラウド型BEMSが無駄を省く

精密加工の種類と方法

工場

精密加工に使われる機械

精密機械加工には様々な工作機械が使われています。いちばん有名なのは旋盤です。金属を回しながら削っていきます。アルミニウムやステンレスなどの柔らかい金属を削ることに適しています。しかし超硬合金を加工することは難しいです。超硬合金を加工する場合は研削盤が用いられます。円筒研削盤や平面研削盤があります。筒状の金属を削ったり、平らなものを作るなどそれぞれ適した加工方法を持っています。また、全自動で加工をすることが出来るマシニングやNC旋盤などもあります。全てを人間の手で行うのではなくプログラムを用いて自動で加工をする事も可能です。複雑な形状のものは全自動の器械を用いて加工を行います。そして、そうする方が上手く行きます。

精密加工のコツ

精密機械加工を行う場合には面粗度が重要になります。面粗度とは表面の滑らかさであり、これを高めることで金属が鏡のように輝きます。これは素晴らしい加工ですが、全てを鏡面加工すれば良いというわけでは無いです。重要な部分だけを鏡面加工することがコストを低く抑えるポイントです。精密機械加工は時間をかけて金属を削っていきます。旋盤加工は短時間のうちに多くの金属を削ることが出来ますが、研削盤を用いる加工は時間がかかります。柔らかい金属を削る事もできますが、基本的には硬い金属を少しずつ削るような加工を行います。精密機械加工では工程があり、それぞれの持場を担当しているスペシャリストが加工を行います。分業をすることで作業の高速化を図っているのです。